ホーム > お役立ちブログ

お役立ちブログ
USEFUL_BLOG

2018.10.11
お役立ちブログ

実演販売士になるには?資格は必要?

実演販売士になるには?資格は必要?
スーパーや百貨店で、販売する商品を並べて通りがかった顧客に商品を紹介している人、時々見かけますよね。次々と商品を売っていく姿を見ると、あんな仕事がしてみたいと憧れを持つ人もいるでしょう。

顧客に商品を紹介して販売する人のことを「実演販売士」と言います。

実演販売士になるにはどうしたら良いのか、資格が必要なのかどうかを調査してみました。

 

そもそも実演販売士って何をする人なの?

上記でも述べましたが、デパートやスーパーなどで商品をテーブルの上に並べて、特徴を実際に見せながら販売している人を、実演販売士と呼びます。

例えば、新発売の包丁を売ろうとしたら、その包丁はどれくらい切れ味が良いのかを、固い野菜や魚を切りながら実演するのが仕事内容です。

商品の特徴をアピールするだけではなく、お客様がその特徴を理解し、買いたいと思わせることが大切で、実際に購入するところまでが、実演販売士の仕事なのです。
ただ単に話がうまいだけではなく、最後の購入まで誘導出来る人が優秀な実演販売士です。

最近はテレビショッピングのチャンネルがあったり、動画で実演販売のチャンネルがあったりして、実演販売士の活躍の場が増えてきました。
タレントのように人気が出る実演販売士もおり、これまでになく実演販売士の認知度や人気が高まっています。
多くの実演販売士を見るようになり、より仕事の質の高さが求められるようになってきています。

 

実演販売士には資格が必要なの?

結論から言うと、実演販売士になるのに資格は必要ありません。
それでも実演販売士の認知度が高まり、数も増えてきている昨今は、その仕事のクオリティの高さが求められます。
つまり「商品の販売数」という成果が、より重要視されているのです。
まったくの素人が実演販売士として成功することは簡単なことではありません。
そこで注目されているのが、実演販売士を育成する講座です。
時代に即した商品の提案方法や、流通のタイプに沿った仕事の仕方など、具体的な技術や知識を学んでいくことが出来ます。
実演販売を効果的にするためには、習得すべきコミュニケーション能力や、プレゼンテーションスキルが必要です。
お客様の心を引きつけるような表現力を、身につけなければなりません。
どのような商品でも、自分のしゃべりのカラーを出せるように、オリジナルの実演口上を確立する必要もあります。
仕事場は屋内だけではなく、店先という時もあれば、イベント会場の場合もあります。
テレビ放送を収録するために、スタジオで行なうケースもあります。
資格はいりませんが、どんな場所でも、効果的な実演販売が出来るようなスキルを習得しなければなりません。

 

実演販売士の収入はどれくらい?

実演販売士を募集している会社に就職・所属してお仕事をしますが、給料形態は会社によって異なります。歩合制のところもあれば日給制のところもあり、交通費や出張手当が別途支給されます。経験に応じて収入に差が出やすいお仕事と言えます。弊社のモデルケースを2例記載いたしますので参考にしてください。

●登録1年目Aさんの場合

家電実演販売:15,000円×4日、イベント実演販売:18,000円×4日

8日間で132,000円

●登録8年目Bさんの場合

イベント実演販売:36,000円×8日、イベント実演販売:30,000円×2日、日用品実演販売:22,000円×2日、展示会MC:45,000円×2日、動画出演:30,000円×1日、動画出演:70,000円×1日

16日間で582,000円

 

これから実演販売士を目指しても大丈夫?

実演販売士のニーズが高まっているので、求人を多く見るようになりました。
最初は実演販売士を育成するための研修がある企業に就職すると、仕事をする上での必要なスキルを身につけられます。
仕事を始めたばかりの頃は、日給になったり歩合制になったりします。
始めは思うように収入が上がらないかも知れませんが、下積みを積んでいくと、徐々に高収入を得られるようになっていくでしょう。

仕事の技術と経験が向上すると、テレビ番組の収録に参加する可能性もあります。
そうすると出演料なども支払われていくので、収入は大幅にアップします。
今は実演販売士の活躍の場が多くなっているので、経験を積んでキャリアアップしやすいと言えます。
多くの現場から実演販売士を求める声が多いにもかかわらず、派遣出来る人材が不足しているのが現状です。
これからますます活躍の場がある仕事ですよ。

 

実演販売士の働き方とは?1週間・1日のスケジュールを紹介

実演販売士の働き方を知ってもらうために、実演販売士の1週間の流れと実際にお仕事がある日の1日のタイムスケジュールを紹介していきます。

●1週間の流れ

火曜:展示会でのMC活動

水曜:WEBプロモーション動画の撮影

木曜:週末の現場の視察

金曜:来月のイベントの打ち合わせ・勉強会

土曜・日曜:化粧品の実演販売

月曜:休み

●1日のタイムスケジュール(勤務11時〜19時のモデル)

7時:起床

10時:現場到着・入店・ご挨拶

11時〜12時30分:実演販売

12時30分〜13時30分:昼休憩

13時30分〜16時:実演販売

16時〜16時30分:休憩

16時30分〜19時:実演販売

19時〜:片付け後、帰宅

 

どんな人が実演販売士になれるのか

実演販売士がオススメなのは、人と会話をするのが好きな人、人を楽しませるのが得意な人です。
常に人の前で話す仕事ですし、お客様と会話をしながら仕事を進めていきます。
ユーモアを交えながら実演販売をしていく必要がありますから、会話が苦手な人には務まりません。
口上で人を引きつけるためには、幅広い教養が必要になりますし、ちょっとした雑談で人を笑わせるスキルも必要です。
芸人を目指しているや、お笑いが好きな人などにも向いている仕事と言えるかもしれません。

仕事を始めると、休日や週末に働くことが多くなります。
多くのお客さんがお店に来るのが、大抵休日や週末だからです。
土日祝日に仕事が出来ない人は、実演販売士として活躍していくことは難しいでしょう。

実演販売士は、プロモーションの分野で注目されています。
リアル店舗やテレビ放送、そしてインターネットという様々な分野で活躍する場があります。
ニーズも日に日に高まっており、業界では常に人手不足に悩まされています。
実演販売士の仕事は、非常に将来性があると言えるでしょう。
実力主義の世界ですから、努力をして高収入を目指すことが出来る仕事です。

 

実演販売士スージー水谷さんに聞く!実演販売士にとって大切なことと適性

人気実演販売士「スージー水谷」さんに、実演販売士にとって大切なことと適性をお伺いします。

インタビュアー(以下、私)「スージー水谷さん、宜しくお願いします。」

 

スージー水谷「宜しくお願いします!」

 

私「最近、実演販売士という職業が人気になっていますが、ズバリ!実演販売士になる上で大切なことは何になりますか?」

 

スージー水谷「そうですね、、、上手に話そうとしない!っていうのは大切なことですね。」

 

私「え??実演販売士さんは上手に話すのがお仕事だと思っていたのですが、違うんですか?」

 

スージー水谷「そうなんですよ。実演販売士って喋りやトークがうまいっていうイメージがありますよね。私も実演販売士として上手に話すにはどうしたらいいかという相談を受けることが多いですが、上手に話せることと売れることは関係ないです。」

 

私「ただ上手に話せるだけではダメということですね。」

 

スージー水谷「はい、上手にきれいに話そうとするあまり、肝心な商品やサービスの魅力が伝わらなければ意味がありません。」

 

私「実に意外でびっくりしました、、、」

 

スージー水谷「お客様の買い物が楽しくなるようにお手伝いをする。目の前の人にどうしたら喜んでもらえるのか、を考えられるかどうかが実演販売士の腕の見せ所ですね。その場の空気を作るのがプロの実演販売士なので、その空気作りに手応えを感じられたら一人前の実演販売士と言えると思います。」

 

私「なるほど。お客様に買いたい!と思ってもらうにはそういう気配り・心配りが必要になるわけですね。ありがとうございます。ちなみに実演販売士になる上で適性みたいなものはありますか?」

 

スージー水谷「“良いところ探し”が得意な人ですね。」

 

私「良いところ探しですか?詳しく教えていただきたいです。」

 

スージー水谷「実演販売士は、その商品の良さをお客様にわかりやすく伝える必要があります。メーカー目線だけでなく、実際に使用するお客様目線で良いところをいくつも探していくことが、実演時のお客様の共感を生み、購買に繋がります。」

 

私「なるほど!たしかにお客様目線での良さを伝えられないと単なる押し売りみたいに感じられてしまうかもしれないですね。」

 

スージー水谷「あとは、実演をどんな風に見せるかといった実演の内容自体も自分で考えます。そのため様々な角度から物事を考えられる人や想像力豊かなアイデアマンのような人も実演販売士の適性があると思います。」

 

私「ありがとうございます。スージー水谷さんに実演販売士として大切なことと適性についてお伺いしましたが、これから実演販売士を目指す人へメッセージをお願いします。」

 

スージー水谷「大切なことや適性についてお話をさせていただきましたが、販売や接客に興味を持っている方なら実演販売士を目指して欲しいなと思います。この仕事は本当に面白くて、奥が深いです。今は実演販売士としての門戸は広いので、やってみたい!なってみたい!と思っているなら是非挑戦して欲しいですね。」

 

私「スージー水谷さん、本日はありがとうございました。これからもがんばってください!」

 

スージー水谷「こちらこそありがとうございました。お客様に喜んでもらえる実演販売を目指してこれからもがんばっていきます。」

☆スージー水谷 プロフィール紹介☆

販売歴10年のキャリア。

あらゆる角度から考え抜かれた購買心理アプローチで、常に安定したセールスを残す実力派。持ち前の愛嬌とお客様の懐にもぐり込む独特なトークを武器に、老若男女どんなお客様にも商材問わず販売できる対応力は実演販売士トップクラス。

デモ販売指導、ステージ販売、イベントMC、セミナー講師、メディア出演まで幅広く活躍中。某メーカー美容機器の販売数で、日本一の実績を持ち各クライアントからの指名多数。

●1時間で2800万円売り上げ達成!!

●前年度比280%の売り上げ達成!!

など数多くの実績を残す人気の実演販売士。

 

実演販売士になりたい方は、こちらから応募してみましょう!

目指せ、スーパー実演販売士!

 

関連記事