ホーム > お役立ちブログ

お役立ちブログ
USEFUL_BLOG

2019.01.18
お役立ちブログ

実演販売士を目指すあなたに

■実演販売士を目指すあなたに。現役の実演販売士がお答えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。バーンアップの実演販売士の森野です。

私は普段、役者を目指してお芝居や稽古に勤しんでおり、その傍ら実演販売のお仕事をしております。

約3年前にバーンアップの求人を見て応募をしました。

 

今回は、実演販売士を目指している方に、

・実演販売士とは具体的にどんなことをしているのか?

・どうすれば実演販売士になれるのか?

・どれぐらい稼げるのか?

・実演販売士になってよかった点・よくなかった点

こんなところの疑問にお答えしたいと思います。

 

■実演販売士とは具体的にどんなことをしているのか?

バラエティショップやホームセンターなど、お客様がお買い物をされる小売店が主なお仕事のフィールドです。

商品の売り方って沢山あるんですよ。

 

1対1での対面接客が適している商品。

1対複数人に対してステージ形式での紹介が向いている商品。

具体的な商品実演よりも売場への客付けや賑やかしが重要な商品・・・

 

化粧品・日用品から家電製品・通信機器など、様々な商品を取り扱いする訳ですが「この商品はどのような手法で売れば伝わりやすいか」までをしっかり考え、実践することができるのが実演販売士の仕事かな、と思っております。

 

■どうすれば実演販売士になれるのか?

バーンアップの場合は、基本的に日給という形でお給料をいただくお仕事が中心です。

最初のうちは、知名度のある商品を1対1の対面接客で販売をすることからスタートします。

1対1での対面販売に慣れてきたら、徐々に「流し」「あおり」と言われる、よりスキルの求められるお仕事にチャレンジしていきます。

最終的には1対複数人に対して、時間を区切ってステージ形式での販売ができるようになれば、バーンアップでは実演販売士として認められるような流れです。

また、ステージ形式での販売ができるようになると、自分のプロフィールを作ってもらえます。

プロフィールができると、テレビショッピングのお仕事や販促動画への出演のお仕事など、沢山のお仕事にエントリーしてもらえるようになります。

個人のスキルの差によるところが多いとも思いますが、僕の場合はプロフィールを持てるようになるまで、だいたい12ヶ月位でしたね。

何より一番はクライアントからの指名をもらえるかどうかがステップアップの判断材料になります。

 

 

■実演販売士になってよかった点・よくなかった点

なってよかった点は、正直1対1の対面接客よりも僕自身、1対複数人に対しての販売のほうがやりがいを感じるし、楽しいと思えるので、「お金もあがったし、仕事自体も楽しい」という点です。

また役者を目指しているので、自分の言葉でお客様が商品を買ってくださるという経験は実演販売士ならではのやりがいかなと感じています。

よくなかった点としては、やはりそれなりのお金をもらっての仕事なので、クライアントの期待値が非常に高い中、パフォーマンスが評価されなかった時、売上に貢献できなかった時の現場の雰囲気は本当に辛いです。。

そうならない為にも事前の準備が大切ではあるのですが、連続でポカをしてしまった時は本当に挫けそうになりますね。

 

 

■どれぐらい稼げるのか?

ここは難しい質問です(笑)

稼いでいる人は本当に人それぞれです。

 

たとえば、バーンアップで活躍している方の例でお話をします。

 

40代前半の先輩で毎週末の土日の稼ぎだけで30万円近く稼いでいる方がいます。

いいですよね。1週間のうち、2日だけの仕事ですよ??

その先輩は業界で10年近く実演販売をしています。

僕もそうなりたい!と思ってはいますが、やっぱり先輩の持っているオーラというか、言葉の説得力はすごいです。

たまにアドバイスをもらう事もありますが、自分はまだまだだなって感じさせられますね。

え?僕の最高月給ですか?!

・・・まだまだ大したことないですが、月に15日現場に入って30万円とかでしょうか(汗)

もらっている方かどうかはちょっと分からないですけど、不満は特にないですかね。

また、自分の場合は役者の仕事を並行して行っていますので、スケジュールの融通が効くというのがすごく助かっています。

 

 

■まとめ

実演販売士は誰でもが活躍できる世界ではないです。

はじめの1年位は下積みというか、対面販売の案件をしっかりとこなし、メーカー様や店舗様からのリピート獲得を目標にして頑張りました。また取り扱い商品も変わりますので、その度に商品や他社競合品を勉強するなど頭に詰め込むことが多いです。

僕の場合は約半年続けたくらいから、徐々に周りの方達からの評価も高まってきたようで、よりスキルの高い仕事にチャレンジする機会が増えていきました。

 

バーンアップに来て、1ヶ月・2ヶ月でガッツリ稼げるかというとクエスチョンですが、実力が伴えばしっかりと稼げる仕事だと思います。

 

ご興味ありましたら、ぜひバーンアップに問合せしてみてください!

 

関連記事