ホーム > お役立ちブログ

お役立ちブログ
USEFUL_BLOG

2018.10.25
お役立ちブログ

商品アドバイザーとは?

商品アドバイザーとは?

商品アドバイザーというと、様々な意味合いがあり、実演販売士や家電商品アドバイザー、テレビショッピングの商品アドバイザーなどになります。それぞれ業務内容や給料、勤務形態が違い、中には資格が必要となるものもあります。

一言に商品アドバイザーというのではなく具体的にどういった内容の業務を行いたいのかということを念頭に置くと調べやすくなります。

例えば商品を実際に使ってお客様へ魅力を伝え販促を行ったり、家電製品について豊富な知識を持ってお客様に商品選びのアドバイスをしたりと、業務内容は様々です。

商品アドバイザーとして働きたいという人は、どういった業務を行いたいのかということにあわせて、求人や資格の取得、スキルアップなどの道筋を立てていく必要があるでしょう。商品アドバイザーは需要が高く、高収入を目指すことも可能な職業ですので、注目度や需要は現代社会において非常に高いものとなっています。

今回は、実演販売士、家電製品アドバイザー、TVショッピング商品アドバイザーについてご紹介します。

 

実演販売士とは

商品アドバイザーとして働く方法の一つに、実演販売士があります。

実演販売士とは、店頭やマスメディアに出演して、商品を実際に使いながらその魅力や使い方をお客さんに向けて発信し、販促を行うことが業務内容となります。実演販売士として働くために特に資格は必要ありませんが、うまくお客さんの心をつかんで商品をたくさん買ってもらうためには、高いスキルと経験が必要となります。そのため経験がない状態で実演販売士としていきなりフリーで働くことは難しいため、まずは実演販売士として登録できる会社に就職するのがメインとなります。

また、別部署からトークスキルや営業力が買われて実演販売士へと転向する人もいます。

実演販売士の勤務形態は、お客さんが集まる休日の日中がメインとなり、その時間帯に働くことが多く、休日は平日となるケースが多いようです。

給料面では商品の売上が直結しやすい仕事なため、スキルが高く、たくさん商品を売ることができるようになれば、実演販売士の収入は非常に高い収入を見込めるでしょう。

また、企業によってはメディアに出演して通信販売向けの販促を行うことも有り、そこで結果を出せば人気も高まり、実演販売以外の仕事も得ることができるようになるケースもあります。

実力次第で給料を大きく上げる夢のある仕事と言えるでしょう。

 

家電製品アドバイザーとは

家電製品アドバイザーとは、流通関係の販売や営業、一般の消費者からの家電製品に関する相談を受ける業務を行います。

家電製品アドバイザーとして働くためには、一般財団法人家電製品協会が実施する民間資格を得る必要があります。民間資格ですので、その資格が無くても罰則等はありませんが、資格を取得しておくことで十分な知識を持つ裏付けとなりますので、家電製品アドバイザーとして働く際は持っておきたい資格です。

家電製品アドバイザー資格の認定には、AV情報家電と生活家電の2つがあります。これを両方得ることで、家電製品総合アドバイザーの称号を得ることができます。家電製品に関する仕組みや基本動作原理、使い方、禁止事項の本体に関する知識だけではなく、設置や接続、セットアップなどの運用知識など、総合的な知識が必要となっています。

また、家電製品に関する知識だけではなく、知識をいかし適切にお客様に対して正しいマナーとコミュニケーション能力を持って接客できるということも求められます。家電製品に関する十分な知識と、接客のスキルを持った、家電製品のスペシャリストが家電製品アドバイザーです。

 

TVショッピング商品アドバイザーとは

TVショッピング商品アドバイザーとは、実演販売士のなかでも、テレビショッピングに出演し、商品に関する紹介を行う職業です。商品の使い方や、その性能に関する魅力をテレビを見ている人に向けて紹介し、購買意欲を促進して販促を行います。

新しく紹介していく商品に関する知識を十分に勉強する探究心や、商品をいかに魅力的に伝えるかという話し方が重要となります。またそれだけではなく、テレビというメディアの性質上不特定多数の人に向けて商品を紹介していくことになるため、清潔感がり、好感度の高い身なりや話し方も重要となります。

通常の営業と違い不特定多数の人が相手であるため、人によってその商品に対する関心はまちまちです。見ている段階から購入を検討している人、なんとなくつけたテレビで眺めているだけという人もいます。そういった様々な人の中から、できるだけ多くの人に商品を買ってもらう事が重要となりますので、それに合わせた特殊なスキルが必要となるでしょう。

人気がでることで継続的に仕事をすることができ、貰える金額もアップしていきますので、スキル次第で高収入を目指すことができる職業といえます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。一言で商品アドバイザーと言っても多種に渡って職業が存在することがおわかりいただけましたでしょうか。

商品アドバイザーは売る商品の深い知識と、売るための高いコミュニケーション能力が求められる職業です。自分の持っている知識の中で、これならできると思うものを見つけるのも商品アドバイザーになるための近道になるかもしれませんね。