ホーム > お役立ちブログ

お役立ちブログ
USEFUL_BLOG

2018.10.19
お役立ちブログ

試食販売って効果あるの?販売率をアップさせるコツとは?

試食販売って効果あるの?販売率をアップさせるコツとは?

スーパーに行くとよく試食販売をしていますよね。

試食してもらうことによって、何を成し遂げられるのか不思議に思うことがあるかもしれません。

マーケティングやプロモーションの観点から見て効果はあるのでしょうか。

今回は試食販売の効果、販売率アップについて考えたいと思います。

 

試食販売とは何なのかを理解しよう

最初に理解しておきたいのは、試食販売とは何なのかという点です。

試食販売とは、顧客に商品のおいしさを知ってもらうためのプロモーションの手法です。

よく誤解されがちなのが「試食販売は購入に繋がらなければ失敗」という考え方です。

このプロモーションの手法の目的は、商品の購入だけではありません。

本当の目的は、衝動買いを引き起こすことです。

人間の体は、ほんの少しだけ何かを食べると、空腹感が強調されます。

試食をすることによって、もっとお腹が空いたり、これまで気がつかない空腹を感じたりするのです。

すると買うつもりもなかった物を買うようになりますし、何でも美味しそうに見えてきます。

実際に試食をした商品を買わなくても、他の食品を買うことになり、全体の売り上げに貢献するのです。

この点を覚えておくと試食販売の成功は、アピールした食品の売り上げよりも、試食してもらった数によって測ることができます。

試食してもらった数が多ければ多いほど、空腹感を感じるお客さんが増え、そのスーパーの売り上げがアップするからです。

 

試食販売にはどのような効果がある?

試食販売の効果は、どのようなものがあるのでしょうか。

まずひとつは、試食をしてもらうことによって、アピールしたい商品を顧客に知ってもらえることが挙げられます。

そして、知ってもらうことにより、その食品に興味を持ってもらえるのも、ひとつの効果です。

興味を持ってもらえれば、製品を買いたいと思ってもらえるかもしれませんし、購入に至らなくてもその製品を覚えてもらえます。

試食を機にその場で購入する人もいれば、別の機会に購入してくれる人もいるかもしれないのです。

試食販売には商品を購入してもらうという効果以外に、商品の存在を知ってもらえる、実際に味を確認してもらえるという効果があります。

 

試食販売のコツとは?

【呼び込みを上手に行う】

試食販売のコツは、呼び込みを上手に行なうことです。

呼び込みをするときに、「実は自分に必要な商品なんだ」と気づいてもらうようにするのがポイントです。

試食販売をするときには、商品がターゲットにしている人はどんな悩み事があるのか、どんな願望があるのかを考えて下さい。

ただ単に「新開発の成分が使われています」と言ったのでは、自分に必要な商品だと気がついてもらえません。

「老化防止に役立つ」「美白に効果的な食べ物」など、具体的なメリットを伝えてアピールした方が興味を持ってもらえます。

 

【顧客をリラックスさせる】

顧客をリラックスさせることも、販売率をアップさせるのに貢献します。

普通の顧客は「試食したからには買わないといけない」と思うものですが、その警戒心を解いてあげると、リラックスして人が寄ってきます。

試食の準備をした後に呼び込みをして注意を引き、それからは品出しをしたり掃除をしたりして、近づいてくる人を気にしていない素振りをすると、顧客はリラックスします。

 

【商品の期待値を上げない】

顧客の商品に対しての期待値が低いほど、実際に食べたときの驚きが大きくなり、心を動かします。

例えば果物などは「これほど甘いとは思わなかった」とか「思ったよりジューシーだった」という気持ちを引き出すことができるのです。

試食をしてもらうときに期待値を上げることを言わないほうが、食べたときの驚きを大きくできます。

 

【声かけを上手に行う】

販売率をアップさせるには、声かけを上手に行なうことも大切です。

声かけは多くの人を狙わずに、1~2人くらいに絞って下さい。

少しでも商品に注意を向けた人を狙って、試食してもらうようにしましょう。

いきなり「食べて下さい」と言わずに、とりあえず挨拶をして、笑顔で歓迎の気持ちを表すのが鉄則です。

その後で商品のアピールをして「味見だけでもいいので試してみて下さい」と言うと、お客さんはプレッシャーを感じずに試せます。

1人が試食してくれると、他の人もそれを見て近づいてきますので、試食の商品をどんどん他の人へ渡して下さい。

人だかりを一度作ってしまえば、販売率は自動的にアップするはずです。

試食中に「美味しい」という感想が出たら、その人に向けてより詳しく商品について説明しましょう。

少し大きめの声で話すと、周りの人もそれを聞いて買ってくれるかもしれません。

常に笑顔を絶やさずに、自分も楽しみながら販売をすることで結果も付いてくるでしょう。

空腹感を刺激する試食販売は、スーパー全体の売り上げを向上させる効果があります。

販売率をアップさせるためには、呼び込みや声かけを巧みに行なっていかなければなりません。

顧客をリラックスさせながら、試食ブースの周りに人を集めるようにできれば、試食販売が上手くいっている証拠です。