ホーム > お役立ちブログ

お役立ちブログ
USEFUL_BLOG

2018.10.15
お役立ちブログ

動画を制作したい!プロに任せた時の料金相場は?

動画を制作したい!プロに任せた時の料金相場は?
マーケティングにおける動画の重要性が、高まっています。
スマートフォンの普及で動画撮影は手軽にできるようになりました。コスト削減のため、自社で撮影しようとする企業もありますが、プロモーションの成果がうまく上がらず、最終的には制作会社に依頼する企業も多々あるとか。

動画を使って効果的にプロモーションを行ないたいなら、やはりプロに任せた方がその仕上がりに差がつきますね。
ここではプロにお願いしたときの、料金相場など気になる情報について紹介します。

 

動画制作の料金相場が知りたい

動画制作をプロに任せたときの料金は、その目的や動画の長さ、質等によって変わりますが、数十万円~という制作会社が多いようです。
例えば、インタビューをするような内容の動画なら、制作費は10万円前後。
講義の内容を撮影して編集する動画だと40万円が相場です。
ストーリー製を持たせる動画になら50万円あたり。PR動画のように、企業や商品をアピールするような動画は90万円くらいまで制作費がアップします。

スマートフォンなどで高画質な動画を作れる時代なので、どうしてこんなに費用が掛かるのだろうと思うかもしれません。
視聴者に正確な情報を効率よく伝えるには、プロにしか出来ない撮影や編集方法があります。
そのため、費用はどうしても掛かってきます。

 

料金の内訳はどうなっている?

具体的な料金相場の内訳を、確認していきましょう。
動画の料金には映像を作っていくときに関わるスタッフの費用や、映像機器の費用が掛かってきます。
映像を作るときに必要なスタッフというのは、撮影をするカメラマンだけではなく、脚本を作る作家や編集をする人、またディレクターなどです。
もしナレーションが必要ならナレーターに仕事を依頼します。タレントを起用する場合は出演料などのコストも掛かってきます。

機材もどれくらいの性能なのかによって、コストが変わります。
デジタル方式のカメラかマニュアル式かによっても費用は変わりますし、機材を使うために必要な照明とか三脚などの費用も掛かるのです。

動画の企画を作ってディレクションをしていくのに数万円がかかってきますし、シナリオや撮影自体にも費用が必要です。
機材の運搬やスタッフの、出張コストを計算しなければなりません。
動画制作には、色々な細かな費用が掛かってくることを覚えておいて下さい。

 

プロに任せたときに知っておきたいこととは?

動画制作をプロに任せると、いくつかのメリットがあります。
素人では作ることが出来ない、質の高い映像を作ってもらえます。
これまでに動画を作ったことがないと、制作のために時間も掛かりますし、無駄なコストも掛かってしまいます。
掛けた時間とコストの割には、映像に説得力がないこともしばしば。
しかし、プロに任せると時間もコストも抑えられて、質の高い映像を制作してもらえます。

自分で動画を作るためには、ロケの場所を決めたり機材を揃えたりしなければなりません。
一度の動画制作のために機材を揃えるより、プロに依頼したほうが最終的にかかる費用を、抑えられる可能性が高いです。

動画を作る制作会社はいくつかあります。技術に差が出てきますから、過去に作成した動画を確認し、その会社の技術やセンスを確認しておきましょう。

 

費用を抑える方法ってあるの?

動画制作をプロに依頼したときに、費用を抑える方法はあるのでしょうか。
映像制作に必要な素材などを自前で用意しておくなら、新たなに撮影をする必要がないため、撮影費用を抑えられます。
制作にかかる費用で大部分をしめるのは人件費と機材費なので、撮影が少なくなるとこれらの部分を削減出来るのです。
自分たちでコンテンツに必要なインタビュー映像や、アピールしたい企業のPRシーンを取っておき、足りないシーンをプロの業者に撮影、編集してもらう方法もあります。

アニメーションを使って動画を作ると機材にかかるコストを抑えることができます。人材も少なくて済みますから、人件費も抑えることが出来るでしょう。
アニメだとロケの必要もありませんので、大幅な制作費の節約をする事が出来ます。