ホーム > お役立ちブログ

お役立ちブログ
USEFUL_BLOG

2018.10.12
お役立ちブログ

購買意欲がアップする!?動画マーケティングとは

購買意欲がアップする!?動画マーケティングとは
いくつかの企業が動画マーケティングを始め、高い成果を出し始めています。

その理由のひとつに、動画マーケティングは顧客ターゲットの購買意欲をアップさせられるからです。
多くのメリットがある動画マーケティング。

動画マーケティングとは一体何なのでしょうか。
ここでは動画マーケティングが効果的な理由やメリット・デメリットなどの情報を紹介します。

 

今注目されている動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、色々なマーケティングの手法を、動画を使って実践していくことです。
インターネットを使って動画マーケティングを行なっていったり、屋外の大型ビジョンに動画を流したりします。
大型トラックを使って、動画を街中に流し続けるという方法もあります。
オンラインでもオフラインでも、動画マーケティングを行なっていくことが可能です。

動画を使ってマーケティングをすることで、企業のブランドや商品、そしてサービスに対する認知度や注目度が上がっていきます。
その動画が企業の公式ホームページなどで流されると、動画がSNSなどで拡散され、マーケティングの規模と効果がアップすることも。
話題になりそうな動画を作るとテキスト広告では成し遂げられないような効果を得ることが出来るのです。

動画マーケティングの力を認めた企業が、この手法を取り入れ始めています。
最近ではそうした企業をサポートするために、動画マーケティングに特化したコンサルティング会社や、制作会社が立ち上げられています。
スマートフォンの普及により、動画が身近な存在になっていますから、これからますます動画マーケティングのニーズが高まるでしょう。

 

動画マーケティングが効果的な理由

web上には、動画を掲載しやすいプラットフォームになるSNSやサイトがあります。
動画を拡散しやすくなったりシェアしやすくなっているので、動画マーケティングの効果が出やすい状況が整ったと言えます。

ほとんどの人が、今やスマートフォンを持っています。
スマートフォンを使っていつでもどこでも、動画を楽しむことが出来るようになりました。
若い人だけではなくあらゆる年齢層が、日常的にスマートフォンを使って、動画を楽しんでいます。
気に入った動画が、コミュニケーションのきっかけになっていますね。
この流れに乗って、動画を広告に活用する手法が増えてきました。

動画に広告を含める技術の開発が進み、実際に多くの広告が使われています。
高い成果を生み出しているため、毎年動画広告の市場は成長し続けています。
動画はテキスト広告に比べると、少ない時間で多くの情報を伝えられます。
1分間の動画で200万語弱の言葉や、3千以上のWebページに相当する情報を伝えられるのです。
アピールしたい商品について、より正確に視聴者に訴えることが出来ます。

 

動画マーケティングにはいくつかのタイプがあるの?

マーケティングのために使われる動画には、いくつかのタイプがあります。
例えば、新しい商品をどのように使ったら良いかを教える説明書タイプです。
これまでに無い商品だと、どのように使ったら良いか分からないことがあります。
そんな時に分かりやすく、正確に使い方を動画で説明することが出来ます。
動画を使うことによって、カスタマーサービスセンターへの問い合わせを減らせるといった効果もあります。

商品自体を紹介する動画も効果的です。
アピールしたい商品を買ったら、どんなメリットがあるのかを映像で伝えることが出来ます。
その商品を手に取ってみたいという動機を持たせたり、他のライバル商品との違いを訴えたりすることが可能です。
無形のサービスでも、どんな点が便利なのかを動画のほうが上手に伝えることが出来るでしょう。

具体的に商品説明をしないで、視聴者の感情に訴える動画もよく使われます。
このタイプの動画はドラマのように物語があり、見た人がもっと見たい、感動したと思わせるものです。
結果的にこのタイプの動画は、SNSなどで拡散されやすいというメリットがあります。

 

覚えておきたい動画マーケティングの情報まとめ

実は思ったように動画マーケティングを始められない企業が多くあります。
なぜなら、動画を作ることが出来る人材がいないからです。
動画マーケティングという分野はまだ始まったばかりであり、効果的な動画を作れる人材がまだ育っていません。
マーケティングも含めた動画を制作し、展開していくノウハウを持っている企業が少ないのです。
動画の制作に、時間や費用が掛かってしまうのも難しい点です。
この点においても人材が育ち増えてくれば、より短い時間でコストを掛けずに、動画を作る手法が確立されてくると期待出来ます。