ホーム > お役立ちブログ

お役立ちブログ
USEFUL_BLOG

2018.10.11
お役立ちブログ

実演販売士になるには?資格は必要?

実演販売士になるには?資格は必要?
スーパーや百貨店で、販売する商品を並べて通りがかった顧客に商品を紹介している人、時々見かけますよね。次々と商品を売っていく姿を見ると、あんな仕事がしてみたいと憧れを持つ人もいるでしょう。

顧客に商品を紹介して販売する人のことを「実演販売士」と言います。

実演販売士になるにはどうしたら良いのか、資格が必要なのかどうかを調査してみました。

 

そもそも実演販売士って何をする人なの?

上記でも述べましたが、デパートやスーパーなどで商品をテーブルの上に並べて、特徴を実際に見せながら販売している人を、実演販売士と呼びます。

例えば、新発売の包丁を売ろうとしたら、その包丁はどれくらい切れ味が良いのかを、固い野菜や魚を切りながら実演するのが仕事内容です。

商品の特徴をアピールするだけではなく、お客様がその特徴を理解し、買いたいと思わせることが大切で、実際に購入するところまでが、実演販売士の仕事なのです。
ただ単に話がうまいだけではなく、最後の購入まで誘導出来る人が優秀な実演販売士です。

最近はテレビショッピングのチャンネルがあったり、動画で実演販売のチャンネルがあったりして、実演販売士の活躍の場が増えてきました。
タレントのように人気が出る実演販売士もおり、これまでになく実演販売士の認知度や人気が高まっています。
多くの実演販売士を見るようになり、より仕事の質の高さが求められるようになってきています。

 

実演販売士には資格が必要なの?

結論から言うと、実演販売士になるのに資格は必要ありません。
それでも実演販売士の認知度が高まり、数も増えてきている昨今は、その仕事のクオリティの高さが求められます。
つまり「商品の販売数」という成果が、より重要視されているのです。
まったくの素人が実演販売士として成功することは簡単なことではありません。
そこで注目されているのが、実演販売士を育成する講座です。
時代に即した商品の提案方法や、流通のタイプに沿った仕事の仕方など、具体的な技術や知識を学んでいくことが出来ます。
実演販売を効果的にするためには、習得すべきコミュニケーション能力や、プレゼンテーションスキルが必要です。
お客様の心を引きつけるような表現力を、身につけなければなりません。
どのような商品でも、自分のしゃべりのカラーを出せるように、オリジナルの実演口上を確立する必要もあります。
仕事場は屋内だけではなく、店先という時もあれば、イベント会場の場合もあります。
テレビ放送を収録するために、スタジオで行なうケースもあります。
資格はいりませんが、どんな場所でも、効果的な実演販売が出来るようなスキルを習得しなければなりません。

 

これから実演販売士を目指しても大丈夫?

実演販売士のニーズが高まっているので、求人を多く見るようになりました。
最初は実演販売士を育成するための研修がある企業に就職すると、仕事をする上での必要なスキルを身につけられます。
仕事を始めたばかりの頃は、日給になったり歩合制になったりします。
始めは思うように収入が上がらないかも知れませんが、下積みを積んでいくと、徐々に高収入を得られるようになっていくでしょう。

仕事の技術と経験が向上すると、テレビ番組の収録に参加する可能性もあります。
そうすると出演料なども支払われていくので、収入は大幅にアップします。
今は実演販売士の活躍の場が多くなっているので、経験を積んでキャリアアップしやすいと言えます。
多くの現場から実演販売士を求める声が多いにもかかわらず、派遣出来る人材が不足しているのが現状です。
これからますます活躍の場がある仕事ですよ。

 

どんな人が実演販売士になれるのか

実演販売士がオススメなのは、人と会話をするのが好きな人、人を楽しませるのが得意な人です。
常に人の前で話す仕事ですし、お客様と会話をしながら仕事を進めていきます。
ユーモアを交えながら実演販売をしていく必要がありますから、会話が苦手な人には務まりません。
口上で人を引きつけるためには、幅広い教養が必要になりますし、ちょっとした雑談で人を笑わせるスキルも必要です。
芸人を目指しているや、お笑いが好きな人などにも向いている仕事と言えるかもしれません。

仕事を始めると、休日や週末に働くことが多くなります。
多くのお客さんがお店に来るのが、大抵休日や週末だからです。
土日祝日に仕事が出来ない人は、実演販売士として活躍していくことは難しいでしょう。

実演販売士は、プロモーションの分野で注目されています。
リアル店舗やテレビ放送、そしてインターネットという様々な分野で活躍する場があります。
ニーズも日に日に高まっており、業界では常に人手不足に悩まされています。
実演販売士の仕事は、非常に将来性があると言えるでしょう。
実力主義の世界ですから、努力をして高収入を目指すことが出来る仕事です。