ホーム > お役立ちブログ

お役立ちブログ
USEFUL_BLOG

2018.10.01
お役立ちブログ

ビューティーアドバイザーってどんなお仕事?なるためには?


憧れの仕事として選ばれることが多いビューティーアドバイザー。具体的にどんな仕事をするのでしょうか。どんな人がこの仕事に向いているのかも気になるところです。

美容や、メイクに興味がある人であれば、一度は関心を持つビューティーアドバイザーと言う仕事について調査をしてみました。

 

ビューティーアドバイザーって何をするの?

ビューティーアドバイザーとは、百貨店や薬局などの化粧品売り場で、スキンケアやメイクアップなど美容に関する商品を販売することが主な仕事です。美容部員とも呼ばれ、化粧品について紹介したり、正しい使用方法を説明したりしながら商品の良さを伝える役割があります。業界によってはビューティーカウンセラーや、ビューティーコンサルタントと呼ばれることもあります。

「ビューティーアドバイザー」=「美容についてアドバイスする人」として、化粧品のエキスパートでなければいけません。商品について精通していることはもちろん、使い方についても適切な説明ができるように常に情報収集や勉強をする必要があります。また、さまざまな層のお客様や、肌の状態に合わせてその人にあった商品の提案します。

たとえば、若い人におすすめの商品や、乾燥肌の人向けの化粧品などを把握し、相手のニーズに合わせて選ぶ必要があります。お客さんが希望する商品を購入できるようにサポートする仕事になります。
ただ販売するだけではなく、実際の使用感や、メイクの仕上がりなどを実感してもらうために、その場でメイクを施すことやレクチャーすることもあります。メイクや美容機器の扱い方の技術もビューティーアドバイザーは持っていなければなりません。

 

ビューティーアドバイザーはどんな人におすすめの仕事?

ビューティーアドバイザーの仕事は、どんな人におすすめなのでしょうか。大前提として、メイクすること、化粧品が大好きな人です。自分だけでなく、他の人にもメイクをしてあげることが好きな人にも向いています。

相手のニーズを見極めて、それを満たすことが仕事ですから、人を喜ばせることが好きな人におすすめの仕事と言えます。悩みを聞き出し、その悩みにあった商品を提案し、解決していくためヒアリング能力とコミュニケーション力も必要になります。

また、メイクはファッションとも関係性があるため、常に流行や新商品の情報に敏感で発信していくことができる人におすすめです。新しいコスメ情報やメイクの技術を知りたいという向上心がある人にも、向いている仕事です。

高いコミュニケーション能力を持ち、常に成長していきたいと努力する人は、ビューティーアドバイザーとして成功出来るでしょう。

 

ビューティーアドバイザーになるために資格は必要?

実はビューティーアドバイザーの仕事をするために、資格や免許を取る必要はありません。しかし美容や化粧品に関する知識や、メイクの高いテクニックを身につけておく必要があります。

スキルアップのための民間資格はいくつかあり、その中でも、「日本メイクアップ技術検定試験」は、実技試験があるのでメイクの技術の向上に役立ちます。化粧品に使用される成分や皮膚生理学に関する知識を深めるためには「日本化粧品検定」を受けてみることもおすすめです。

最近では「メイクセラピー検定」などもあり、心理的な分野から学べるスクールなどもあります。

企業がビューティーアドバイザーの募集をしていれば、企業によっては入社後に、社員研修をしてコスメの知識やメイクの技術を高めてくれるところもあります。

 

プロのビューティーアドバイザーになるためには

プロのアドバイザーを目指すなら、美容の専門学校で学び、資格を取得することも重要ですが、実際に店頭で接客しながら知識や技術を身につけていくことが理想的です。

化粧品ブランドやメーカー、販売などへ就職し、研修を受けたり、先輩から指導を受けることで、成長していきます。店頭でひとりひとりの悩みや状態をカウンセリングしながら、提案し問題を解決したり、希望通りの商品を選ぶことができれば、またこの人に相談しよう!となり、リピーターがつくことになります。

そうなるためには、幅広い知識を求められますので、肌の構造や、再生サイクルなど皮膚生理学などについても勉強しておくと、スキンケア商品をすすめる時に役に立ちます。美容雑誌や、メーカーのホームページを見るだけでも勉強になります。

また、聞き方や話し方から一般常識、接客の知識までしっかりとした社会性も必要になります。販売するための心理学を知っておくのもいいかもしれません。美容に関することだけではなく、常に向上心と勤勉さを持てば人気のビューティーアドバイザーになるでしょう。

何よりも、アドバイザー自身がキレイにしていれば立派なお手本になりますので、まずは自身のお手入れやメイクを怠らないようにしましょう。